審美治療│柏のインプラント「よしい歯科医院」

インプラント10年保証

お電話でのお問合せはこちら

04-7134-418204-7134-4182

04-7134-4182

審美治療cosmetic

審美治療とは

what's cosmetic
審美治療とは

矯正歯科やホワイトニング、補綴などによって歯を修復し、機能性の回復とともに見た目を美しく仕上げる治療を審美治療といいます。

例えば、歯の欠けた部分に銀歯を詰めると、金属の質感や色が目立ってしまい、口元の見た目やお顔の印象が悪くなってしまう場合があります。
そこで、詰め物をセラミックなどでできた天然歯に近い、白色の素材のものに変え、口元を美しく見せるための治療をします。
そのほか、歯の黒ずみや黄ばみを白くするホワイトニングなども審美治療に含まれます。

患者さまにとって口元を美しく見せるのは、表情や笑顔に自信をもたらすことにもつながります。
歯の健康とともに精神面も豊かにし、日々の生活の質を高めていきましょう。

補綴治療

prosthesis
補綴治療

主に歯がなくなった、または歯が欠けた部分に対し、人工の歯など(補綴物・ほてつぶつ)で修復する治療を補綴(ほてつ)治療といいます。
虫歯の部分を削ったあとの詰め物、歯周病で抜歯したあとに入れ歯を付けた、といったものも含まれます。

補綴治療は、欠損部を補い、噛み合わせの調整をするなど歯の機能性を回復させるためのものですが、銀歯などの一般的な補綴物は口内が目立ってしまい、患者さまが口元を気にされるケースがあります。

そこで、天然歯に近い色の素材を使用するなどした、見た目を向上させるさまざまな補綴物をご用意しています。
前歯に貼り付けるだけのお気軽に治療を受けられるものから、インレーやクラウンのように、歯がある程度欠けたりなくなったりしている箇所を補うものまで、多様な状態に対応しています。

当院では以下のように幅広い素材をご用意していますので、ご希望にあうものをお選びいただけます。

ラミネートベニア

ラミネートベニア

セラミック製の薄いシェルを、黒ずみや隙間などがある歯の表面に貼り付ける治療です。主に前歯に使用されます。

ラミネートベニアのシェルはとても薄いですが、特殊な接着剤で貼り付けるので、剥がれてしまう心配はありません。
また、接着時にごく薄く、0.5mmほど歯の表面を削りますが、クラウンなどに比べて圧倒的に負担が少ない治療です。

ハイブリッドレジンインレー

ハイブリッドレジンインレー

インレーは、虫歯部分が小さいときに、人工歯や金属で補綴するものを指します。
ハイブリッドレジンは、セラミックとレジン(プラスチック素材)を混ぜ合わせた素材です。
一般的に補綴物として使用されるレジンよりも強度や耐久性に優れた補綴物です。

また、陶器の材料にもなるセラミックを混合することで、歯に近い乳白色を再現しています。

ハイブリッドレジンクラウン

ハイブリッドレジンクラウン

クラウンは、一般的に「被せ物」と呼ばれるように、歯全体をすっぽりと被せる補綴物です。虫歯部分が大きく、歯を削った部分が大きいときに使用します。
クラウンを銀歯にするととても目立ってしまいます。ハイブリッドレジンを使用することで、天然歯と並んでも自然に馴染むような色合いを出すことができます。

ホワイトニング

whitening
ホワイトニング

食生活などが原因で、歯が白さを失ってしまうことがあります。
例えば、お茶やコーヒー、コーラといった飲み物を摂取しすぎると、歯に着色してしまいます。
また、喫煙される方も歯が変色しやすくなります。タバコに含まれるタールは、歯に着色しやすい物質です。
長く喫煙されている方ほど、歯にこびりついたタールを取り除きにくく、ご家庭で使用している歯磨き粉などでは落とし切るのが難しくなります。

これらの茶渋やヤニは歯科医院のクリーニングで落とすことができますが、それでも落ちない着色や、加齢による黄ばみは漂白して分解する必要があります。
そうした歯を白くするための審美治療が、ホワイトニングです。

ホワイトニングには、歯科医院で強い薬剤を使用するオフィスホワイトニングと、ご家庭で行なっていただくホームホワイトニングとがあります。
オフィスホワイトニングはすぐに効果を実感できる一方、ホームホワイトニングは効果が長く持続するなど、それぞれにメリットがあります。

ホームホワイトニング

ホームホワイトニング

ホワイトニングの薬剤と、薬剤をバランスよく塗るためのマウスピースを提供します。
ホームワイトニングの薬剤はご自身で塗っていただくものなので、歯科医院で行なうオフィスホワイトニングに比べると濃度が薄くなっています。

薬剤を入れたマウスピースを、就寝時に指定された時間、歯に装着します。毎日続けることで、2週間ほどで効果を実感できます。
自分のペースで継続でき、回数を重ねるほど白くすることができます。

オフィスホワイトニングに比べて時間がかかりますが、一度白くなると、より長く維持できるというメリットがあります。

歯肉の黒ずみ除去

remove
歯肉の黒ずみ除去

歯肉の黒ずみは、日焼けした肌と同じく、メラニン色素が沈着することで起こります。
原因としては、喫煙や食品の刺激によってメラニン色素が分泌され、歯肉が黒ずむと考えられています。また、歯周病の方にも多く見られる症状です。

こうした歯肉の黒ずみも、ホワイトニングと同様に薬剤を塗布することで、明るいピンク色にすることができます。
施術後は黒ずんだ部分が薄皮になり、自然と剥がれてきます。
その後、赤みが引いてだんだんと健康的な歯肉へと変わっていきます。

患部が歯周病や歯周炎などにより炎症を起こしている場合は、黒ずみを除去することができませんので、診察やカウンセリングを通じて治療可能かどうか判断します。

入れ歯

dentures
入れ歯

歯を喪失した場合、補綴の選択肢として挙げられるのが入れ歯です。
保険が適用される入れ歯は低価格となるものの、基本的にプラスチックだけで作製するため、分厚く装着時に違和感を覚える場合があります。

一方、自費診療では、多少高額にはなりますが、歯肉と接触する床(しょう)の部分に金属を使用して薄くしたものや、金属を使用せず審美性を高められるノンクラスプデンチャーなど、患者さまのご要望や状態に合わせた、使い心地のよい入れ歯をつくることが可能です。